こんにちは。re1astです。

今回はシフター編です。

シフターはギアを変則するための機械?スイッチ?みたいなものです。
これです↓
これはシマノ クラリスのSTIレバーです。
DSC_2793

ランドナーに多く採用されている

Wレバーはダウンチューブについているため
変則するのに

手を放す必要があるので
フロントに荷物あると
慣れるまでは怖いと思います。

道中で出会った旅人の中にWレバーの方が
いました。

慣れるまではバランスを崩すこともあったので

Wレバーはあまりおすすめしません。

一応、WレバーからSTIレバーに変更は可能です。

当然ながらお金は掛かります。

で、STIレバーは

手を放さずに

変則することができます。

なので

STIレバーがおすすめします。

デメリット...

これはフロントキャリア次第になりますが

自分がフロントキャリアに採用した

タイオガのフロントキャリアにしました。

しかし、パニアバック取り付け位置が

高いため

変則する際にレバーが当たって

変則できないことがありました。

次、その他

これは

キャリアを取り付けできる
ための

ダボ穴の有無です。

ダボ穴↓
この丸いやつです。
DSC_2788
DSC_2789
DSC_2790
DSC_2791

これがないとキャリアを取り付けできません。

ダボ穴がない自転車に

ダボ穴を増設するための

アダプターがあります

しかし、耐荷性と耐久性に問題がありそうなので

やめたほうがいいです。

なので、ダボ穴がある自転車

実際に現物を見たほうがいいです。

少しでも参考に
なれば嬉しいです!


今回はここまで

それではまた。re1tas